DAY 6 PHP & MySQL

DAY 6 PHP MySQL【ウェブカツ】

PHP DAY 6 PHP & MySQL

本日のプログラミング学習

PHP Lesson1~7  1hour

MySQL Lesson8~15  7hour

Total 24.5hour

 

PHP

JavaScriptと同じように、配列・条件分岐・繰り返し処理・関数の構文を書くことができる。

*if文の中で、JavaScriptであれば「else if」だったが、PHPだと「elseif」となる。

 

グローバル変数とローカル変数

グローバル変数 = そのファイル全体で有効な変数

ローカル関数 = 局所的にしか使用できない変数。関数内の変数が一例。

 

例)

<?php

$num = 3;

 

function test1() {

$num = 5;

}

 

test1();

echo $num;

?>

この時に表示される値は「3」。

$num = 3; これはグローバル変数。なので、echo $num; とした時にはこの「3」が変数$numに入る。

$num = 5; こいつはローカル変数。一見すると同じ変数名の「$num;」を使用しているが、全くの別物。

あくまでこの変数は「test1」という関数内で定義された「$num;」。

 

じゃあ、関数内でグローバル関数「$num;」を使用したい場合はどうするのか?

「global $num;」

としてあげることで、関数内で「これはローカルじゃなくてグローバルの方の変数$num;ですよ」と宣言することができる。

すごく紛らわしいので、今後も「この変数はグローバルかローカルか?」を意識していく。

 

PHPの演算子

「.」は文字列演算子を表し、引数同士を結合する。これが分からなかったことで少しつまづいた。

Qiita

記事移動しました https://mossa.dev/post/php_symbol_list/ […]

 

MySQL

データ型 = テーブルにどのようなデータを格納するのかを示してあげるもの。

なぜこの「データ型」を指定してあげるのか。

→phpは「型付け」の弱い言語だから。phpはデータ型の宣言をしなくても、自動で型を判別してくれる。

それは裏を返せば勝手にデータ型が規定されてしまうということなので、自分では「整数」と思っていたものが、php側では「文字列」として判別されてしまった場合、結果が自分の意図とは大きくズレてしまう。

それを防ぐためにも、「これはどんなデータか」ということを規定してあげる必要がある。

 

参考サイト

【MySQL】データ型一覧 - Java、PHP、javascriptなどのプログラミング&Wordpress、HTML、CSSなどのWeb情報ブログ(最近は雑記や仮想通貨のことなど幅広く)[…]

php の データ型 は 「 文字列型(string) 、整数型(integer)、浮動小数点数型(float)、 論理型(boolean)、配列型(array)、オブジェクト型(object)、リソース型(resource)、NULL 型[…]

 

<お問い合わせフォームを作成する>という実践から

デバッグに必須な「var_dump($);」

var_dumpは引数に指定した変数または、処理命令の戻り値を詳細に出力できる関数のこと。

 

<how to?> (MAMP環境において)

⑴ デバッグしたいコードをエディタなどを使用して記述する。

⑵ 記述したら拡張子「.php」として、下記のように保存する。

アプリケーション→MAMP→htdocs→適当なフォルダ内に保存

⑶ 保存したらブラウザで以下のようにURLを記述

http://localhost:8888/フォルダ名/ファイル名.php

⑷ ブラウザ上で結果が表示されていれば成功。

 


*整数の場合

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset=”utf-8″ />
</head>
<body>
<?php
$data = 32;
var_dump($data);
?>
</body>
</html>

int(32) と表示される。(変数[$data]には整数32が入っている)


*文字列の場合

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset=”utf-8″ />
</head>
<body>
<?php
$data = ‘Hello’;
var_dump($data);
?>
</body>
</html>

string(5) “Hello” と表示される。(変数「$data」には文字列「Hello」が入っていて、5文字である。)


*配列の場合

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset=”utf-8″ />
</head>
<body>
<?php
$data =[‘apple’, ‘orange’];
var_dump($data);
?>
</body>
</html>

 

array(2) { [0]=> string(5) “apple” [1]=> string(6) “orange” }

 

配列(array)個数は二つ。0番目は文字列で5文字のapple。1番目は文字列で6文字のorange。

*string()の中にある数字は、正確にはバイト数を表しています。ここでは分かりやすく英語で記述し「文字数」としてます。

 

色々なデバッグ関数があるみたい

Qiita

目次に戻る デバッグ用関数の導入 今までは全て表示に echo を用いてきました。この方法ではあらゆるものが 文字列 に変換されて表示されていました。しかし、中には文字列に変換せずにもとの形のままの情報を得たいこともあるで...[…]


 

学習は全てウェブカツ!!というプログラミングスクールで学んでいます。

プログラミングスクール「ウェブカツ!!」

大手スクール生徒や現役エンジニアが多数学び直している「実務レベル」に特化した「稼ぐ」ためのプログラミングスクール[…]

DAY 6 PHP & MySQL
最新情報をチェックしよう!